スター★キャットは、スターダストグループが運営する、愛猫家のためのポータルサイトです。

あなたのニャンちゃんをペットモデルにしませんか?
ペットモデルを目指すなら、まずは無料会員登録してね!
会員限定でメール情報を配信中です。
ペットモデル・ 動物プロダクション「スター★キャット」ではペットモデル・動物のキャスティングを承ります。
⇒詳しくはこちら

⇒もっと見る

▲あなたの知らない様々な猫の種類を紹介!
⇒詳しくはこちら


猫図鑑 トップ

↓↓猫種をジャンル別に見る↓↓

短毛種  長毛種  短毛&長毛  無毛種 

 

 

↓↓猫種一覧から見る↓↓ 

アビシニアン  アメリカンショートヘアー  アメリカンカール  

エキゾチック  エジプシャンマウ  オシキャット  オリエンタル

サイベリアン シャム  シャルトリュー シンガプーラ    

スコティッシュフォールド  スフィンクス  ソマリ  ターキッシュアンゴラ

トンキニーズ  ノルウェージャンフォレストキャット  バーマン  

バーミーズ  ブリティッシュショートヘア  ペルシャ(チンチラ)  

ペルシャ(ヒマラヤン)  ベンガル  マンクス   マンチカン  

メインクーン  ラガマフィン  ラグドール  ロシアンブルー  

雑種(洋猫MIX)  雑種(和猫MIX)

 

 

 

---------------
撮影で猫をお探しの企業様へ
ペットモデル・動物プロダクション「スター★ドッグ」では、
犬だけでなく、猫の派遣も承ります。ご気軽にご相談下さい。
お問合せ・詳細はコチラ

 

あなたの愛猫をテレビ・映画・雑誌・CMなどでデビューさせませんか?
モデル猫を目指すなら、スター★キャットへ!(エントリー無料)

アビシニアン


 

アビシニアン 

《原産国》 イギリス

《発祥年代》 1800年代の終わり頃

《毛の種類》 短毛

《毛の色》 ルディ、レッド、ブルー、フォーン

《目の色》 フォールドからグリーン

 

■性格

短毛種のプリンスと呼ばれるアビシニアンは、すべてが印象深く、人の心に

楽しさと安らぎを感じさせてくれる猫です。よく眠り、賢さも一番。小さい声で甘え、

飼い主の愛情にこたえてくれるので、老人や子供にも適しています。

 

■被毛

1本1本の被毛が3~4色の濃淡に区切られている「ティックド・コート」です。

全体では綾織りしたような色彩豊かな毛色になり、太陽の下では輝いて見えます。

ルディの毛色は下毛が赤みを帯びて温かさを感じる深い褐色で、伝統のある

アビシニアンの基本的な毛色として強い人気があります。

胸の縞、足の縞はないようが優秀で、毛の根元が黒っぽくないことが大切です。

 

■飼育環境

とても活発ですが、猫が自由に遊べるなら、飼い主と一緒に生活するのが一番なので、

特別な飼育管理は必要ありません。

 

■選び方

初心者には違いがわからないので、色のあせた縞だらけのアビシニアンが高値で

売買されていることがあります。アビシニアンのグレードには大きな差があり、

それを見分けるのはなかなか難しいようですが、単純に見分ける方法は、胸前や

脚の内側に縞模様がないこと。

毛色は赤みのある華やかな感じが大切で、性格や相性を選ぶのも大切です。

安定した人気のため、繁殖者は全国にいますから、直接購入するとよいでしょう。

また、初心者は、赤ちゃん猫の可愛さだけに気持ちをとらわれないで、健康や

性格の安定する、生後4ヶ月過ぎの子猫を求めるようにしましょう。

猫図鑑HOMEへ戻る

アメリカンショートヘアー

アメショ

 

 

《原産国》 アメリカ

《発祥年代》 1600年代の中期

《毛の種類》 短毛

《毛の色》 単色、複合色、縞模様など多数

《目の色》 毛色に適合

 

■性格

温厚で物怖じしない性格のため、子供ともすぐに仲良しになれます。

 

■被毛

縞模様には決められた模様があり、首筋の縞はネックレス、方から胸前に

描かれた模様は「蝶々のシルエット」、脇腹には丸いターゲットマークがあります。

毛色は70色以上が認められていて、黒い毛色や三毛などもいます。

 

■選び方のポイント

日本では一番有名な血統猫です。

繁殖を考えるならよく調べてグレードの高い猫を選びましょう。

                             イラスト提供:無添加キャットフード通販専門店 ネコまんま

猫図鑑HOMEへ戻る

アメリカンカール

アメリカンカール

 

 

《原産国》 アメリカ

《発祥年代》 1981年

《毛の種類》 短毛と長毛

《毛の色》 全色

《目の色》 毛色に適合

 

■特徴

耳が外向きに折れ曲がった猫。表情も性格も可愛く、とても健康的で飼いやすいです。

 

■性格

行動は機敏で活発ですが、賢く、穏やかで落ち着いています。

 

■被毛

長毛と短毛があり、下毛は少なく、手触りは絹のように滑らかで、光沢があります。

毛色と目色はあまり重要視されず、すべての色が公認されています。

 

■選び方のポイント

カーブした耳の形はとても大切で、外向きに折れていても、ペタンとくっついたように

寝ていては良くありません。まだ新しい猫種で個体数も少ないですが、

尻尾や足指など、骨格が正常な猫、スマートな体系でムクムクしていない毛質を選びましょう。

                                  イラスト提供:無添加キャットフード通販専門店 ネコまんま        

猫図鑑HOMEへ戻る

エキゾチック

画像準備中

《原産国》 アメリカ

《発祥年代》 1960年代

《毛の種類》 短毛

《毛の色》 すべての毛色

《目の色》 毛色に適合

 

■性格

ペルシャ猫の愛らしさをそのままに、まんまるの顔をしたキュートな猫は、

毛も短くて手入れも簡単です。おっとりした性格にやんちゃな面が加わって

とても愛情表現豊かで、遊ぶことが大好き、膝の上で寝ることも大好きです。

 

■被毛

ペルシャ猫の愛らしさとすべてが一緒なのに、毛だけが短くなって、

「パジャマ姿のペルシャ猫」のようだといわれます。柔らかくて、厚いビロードのような

手触りの毛。毛色は多彩で、数多くの毛色が認められています。

 

■飼育環境

狭い部屋でもいつのまにかジャングルにして、自然の素晴らしさを演出してくれます。

広さよりも高さのある遊び場を工夫して作ってあげましょう。

 

■選び方

丸くて平べったい顔、何よりも大きな丸い目と短い鼻が決めてです。

毛質は柔らかいタッチで、中毛、毛色は明るく美しく見えるもの、

口元(かみ合わせ)がズレないで、がっしりした体系の猫を選びましょう。

 

猫図鑑HOMEへ戻る

エジプシャンマウ

画像準備中

《原産国》 アメリカ(エジプト)

《発祥年代》 1953年

《毛の種類》 短毛

《毛の色》 シルバーなどの斑点模様

《目の色》 明るいグリーン

 

■性格

頭のよい猫で、飼い主には甘えん坊ですが、知らない人には冷たく感じるかもしれません。

好奇心が強く、いたずらも大好きです。鳴き声は今年のさえずりのようだと言えます。

 

■被毛

シルバー、ブロンズ、スモークの三つの毛色には、地色からはっきり浮かび上がった

斑点の模様(スポット)はまるで全体に花びらをちりばめたような美しい猫です。

目の色は明るいグリーンで、味わい深い魅力を持っています。

 

■飼育環境

遊ぶのが大好きで、よく動き回ります。部屋は広さよりも高さを工夫しましょう。

 

■選び方

野生猫の血を持つエジプシャンマウが問題になっています。

それらの猫は見た目には美しいのですが、性格的にも血統的にも

問題が残されています。成猫になってから暴れん坊では困ります。

エジプシャンマウの性格は親猫をみるようにすること、実際に抱いてみることが

とても大切です。専門のブリーダーから求めましょう。

 

猫図鑑HOMEへ戻る

オシキャット

オシキャット

 

 

《原産国》 アメリカ

《発祥年代》 1960年代

《毛の種類》 短毛

《毛の色》 シルバー系、ブラウン系などの斑点

《目の色》 ブルー以外の全色

 

■性格

外見はいかついイメージですが、優しさにあふれ、人が大好きです。

飼い主を信頼するため、オシキャットを飼う人は、おおらかな気持ちになり、

幸せが訪れるといわれます。

 

■特徴

美しい斑点模様がちりばめられたオシキャットは、野生をイメージした斑点模様の

ハイブリッド(アビシニアンとシャムの混血)の大柄な猫です。

 

■飼育環境

頑丈で大きな体に育てるには、自由に遊べるスペースが必要で、広さよりも

高さが大切です。ロープを巻いたり、登り木を工夫するとよいでしょう。

 

■選び方

次第に愛好者も増えて、レベルの高い猫たちが輸入されていますので、もっともっと

人気が高まる猫種だと思います。繁殖を目指す人は、グレードの高いメス猫からスタートしましょう。

ペットとして求めるときは、生後4ヶ月ごろを目安に、必ず避妊・去勢をしてください。

                                  イラスト提供:無添加キャットフード通販専門店 ネコまんま 

猫図鑑HOMEへ戻る

オリエンタル

オリエンタル

《原産国》 イギリス

《発祥年代》 1960年代

《毛の種類》 短毛と長毛

《毛の色》 ポイント・カラーを除く全色

《目の色》 グリーン(白毛のみブルー可)

 

■性格

おしゃべりが大好きの甘えん坊、遊んで!と体をすりつけ、肩に乗るのも大好き。

遊び疲れると、気づいたら膝の上で寝ていることがあります。

 

■被毛

シングルの短い毛は、ピタリと体に張り付いて、光沢があります。

目はグリーンでとても美しい目色をしています。

 

■飼育環境

動きがとても早く、いつでも動いているイメージです。高いところに上って物を

落とさないように、棚の上にも注意を払いましょう。

 

■選び方

日本でも人気の猫種になっていくと思いますが、オリエンタルは想像する以上に細くて

長い顔と胴体を持っています。この独特のスタイルを理解しましょう。

まだ数少ないため、繁殖者から直接購入するか、輸入することを考えましょう。

                             イラスト提供:無添加キャットフード通販専門店 ネコまんま

猫図鑑HOMEへ戻る

 

サイベリアン

画像準備中

《原産国》 ロシア

《発祥年代》 1000年代

《毛の種類》 長毛

《毛の色》 全ての毛色

《目の色》 被毛の色に順ずる

 

■性格

野生的な外見とは裏腹に、おとなしく優しい性格で、賢く、飼い主にも従順です。

とても好奇心旺盛なネコで、勇気ある性格はそのルーツにも関係しているようです。

 

■被毛

ダブルコートの被毛はセミロングです。下毛で寒さを凌ぎ、上毛は防水効果があります。

色の主流はブラウンマッカレルタビーですが様々な色が認められています。

産まれてから3ヶ月ぐらいまでは短い被毛です。

 

■飼育環境

ただゴロゴロしているだけではストレスがたまってしまいます。

キャットタワーや棚など、上下運動ができる場所があるとよいでしょう。

高カロリー・高たんぱくの食事と共に運動は重要項目です。

 

猫図鑑HOMEへ戻る

シャム

 

 

siamese.jpg

モデル:QUINCYちゃん

《原産国》 タイ

《発祥年代》 1800年代

《毛の種類》 短毛

《毛の色》 ポイント色

《目の色》 ブルー

 

■性格

遊びがとても好きで、甘えるのは天下一です。

肩の上に乗ってゴロゴロ言うのが愛情表現です。

 

■被毛

毛は短く体に張り付いています。毛色はシール、ブルー、チョコレート、ライラックの

4色で、口元、耳、四肢、尾に色のあるポイントカラーです。

 

■飼育環境

狭い部屋でも飼い主と一緒なら大喜びです。なぜか高いところに上がるのが大好きな子が

多いようです。物が落ちないように整理整頓しましょう。

 

■選び方

近年、アメリカから輸入された優秀なシャム猫の直系は、イメージの猫よりも

もっと細長い猫になりました。

一般の人が考えるぽちゃぽちゃのシャム(古いタイプ)も生まれているようですが、

それを探すのはとても大変です。

 

                               イラスト提供:無添加キャットフード通販専門店 ネコまんま

猫図鑑HOMEへ戻る

シャルトリュー

シャルトリュー

《原産国》 フランス

《発祥年代》 1980年代(1800年代)

《毛の種類》 短毛

《毛の色》 ブルー系

《目の色》 オレンジ

 

■性格

小さな声ですが、とても元気でマナーがよく、家族とのルールもすぐに覚えてくれるような

とても飼いやすいです。

 

■被毛

羊の毛のようにガサガサした感じの被毛で、毛色はブルー(青灰色)一色です。

 

■飼育環境

猫を飼わない人には嫌なにおいを感じることがあります。

特にトイレはこまめに洗うようにしましょう。

 

■選び方

キャットショーで活躍することが、この猫種を広める決め手になっています。

最近、フランス原産の猫だとの理由からフランスから輸入されるケースがあるようですが、

日本ではアメリカの猫、アメリカの血統書が通用するのが一般的になります。

 

猫図鑑HOMEへ戻る

シンガプーラ

シンガプーラ

《原産国》 シンガポール

《発祥年代》 1970年代

《毛の種類》 短毛

《毛の色》 セピア(ティックド・タビー)

《目の色》 ヘイゼル、グリーン、イエロー

 

■性格

元気によく遊び、とても人懐っこい猫です。手入れも簡単なので、子供にも老人にも

飼いやすい性格をしています。

 

■被毛

細くて非常に短い毛なので、体にはりついています。全体に見ると洗練された

セピアの毛色で、1本1本の毛に毛の濃淡がある模様をしています。

 

■飼育環境

どのような環境にも順応しますが、目安は四畳半に1匹です。

 

■選び方

アメリカの血統猫の繁殖者は、子猫を譲るときに様々な書類をするのが通例です。

決して生後4ヶ月以内の赤ちゃんを出すこともありません。

トラブルを未然に防ぐには、赤ちゃん猫の売買は止め、健康な体力が備わるまで待ちましょう。

                               イラスト提供:無添加キャットフード通販専門店 ネコまんま

猫図鑑HOMEへ戻る

 

スコティッシュフォールド

 

 

 

081211S5 068.jpg

モデル:おもちちゃん 

 

《原産国》 イギリス

《発祥年代》 1961年

《毛の種類》 短毛と長毛

《毛の色》 全色

《目の色》 毛色に適合

 

■性格

優しい性格の子が多いようです。

 

■特徴

小さな耳がちょこんと折れたまん丸顔は、アンパンマンのイメージです。

スコットランドで発見された突然変異の猫から始まった種類です。

 

■被毛

毛はビロードのように柔らかな手触りで厚みがあります。

数多くの毛色が認められています。

 

■選び方

耳の折れた可愛い顔つきも大切ですが、後ろ脚の関節など、骨格に異常がないことが

求められ、特にしっぽが長く柔軟なことが大切です。

健康な子猫を選ぶには、信頼できるブリーダーを選びましょう。

                             イラスト提供:無添加キャットフード通販専門店 ネコまんま    

猫図鑑HOMEへ戻る

スフィンクス

 

buzzpro01.jpg

モデル:BUZZ!!くん

《原産国》 カナダ

《発祥年代》 1700年代

《毛の種類》 無毛

《毛の色》 すべての色

《目の色》 毛色の準ずる

 

■性格

賢くて好奇心旺盛です。鳴き声も小さく、聞き分けが良いです。

 

■被毛

毛がないので、手入れがラクだと思われがりですが、皮膚に出てくる汚れや

脂をふき取って清潔を保つ努力が大切です。

 

■飼育環境

毛がないので、夏は涼しく、冬は暖かくすごせる環境を作りましょう。

紫外線にも敏感なので、外出は基本的に避けたほうが無難です。

被毛がないことで、怪我もしやすいので、多頭飼育には向きません。

 

猫図鑑HOMEへ戻る

ソマリ

 

somali1.jpg

モデル:アーサーくん

《原産国》 イギリス

《発祥年代》 1930年代

《毛の種類》 中毛(短毛の部)

《毛の色》 ルディ、レッド、ブルー、フォーンの4色

《目の色》 ゴールドからグリーン

 

■性格

周囲の変化にも敏感で、行動も活発で、なんいでも興味を示します。

性格にはムラがなく、誰にでも愛される陽気さがあります。

 

■被毛

毛は中くらいの長さですが、襟の毛はゴージャスで、オスのライオンのタテガミに似ています。

尻尾は長い毛がふさふさして、キツネの尾と呼ばれています。

 

■飼育環境

活発でよく遊びます。ビニール製の紐などを口にしないように注意しましょう。

 

■選び方

初心者には猫のレベルを見るのは難しいので、繁殖を目指すなら、ベテランのブリーダーと

知り合うと、ペットタイプからショータイプまで紹介してもらえます。

なによりも良いグループに加わることが大切です。

                              

猫図鑑HOMEへ戻る

ターキッシュアンゴラ

ターキッシュアンゴラ

モデル:サラミくん

《原産国》 トルコ

《発祥年代》 1950年代

《毛の種類》 長毛

《毛の色》 単色、縞など多数

《目の色》 毛色に適合

 

■性格

遊ぶのが大好きで、やんちゃ娘の印象ですが、それを邪魔されるとすねたりします。

飼い主には忠実な可愛い猫です。

 

■被毛

シングルコートで垂れ下がり、絹のような手触りと光沢があります。

うれしいときはフサフサした尻尾を背中のほうまで持ち上げます。

 

■飼育環境

半夜行性のネコ科動物はあまり明るいところを好みません。

静かな環境でのんびりするのが好きです。

 

■選び方

数少ない猫種でも、キャットショー常連の場合があります。猫を選ぶときには

自分で確かめるのが一番で、猫好きの方なら一度キャットショーを見学すると良いでしょう。

トンキニーズ

トンキニーズ

《原産国》 アメリカ

《発祥年代》 1970年代

《毛の種類》 短毛

《毛の色》 ミンク系のポイント

《目の色》 アクア

 

■性格

甘えん坊で、人が大好きです。陽気さと静かさを兼ね備えた、とても飼いやすい猫です。

 

■被毛

毛色は全体にやや色がついて、その体色に混ざりこむポイント・カラーには

シャンパン・カラー、ミンク・カラーなどがあります。

 

■飼育環境

飛んだり跳ねたりして遊ぶのが大好きなので、紙くずでも紐でもなんでも遊び道具にします。

爪とぎで困らないように、爪あとが残らないフッ素コーティングの壁紙を選びましょう。

 

■選び方

丸っこいシャム猫が好きな日本人にはぴったりの猫です。この美しい水色の目が

人気になると思います。繁殖に興味がある方は優れたタイプの猫を輸入しましょう。

                               イラスト提供:無添加キャットフード通販専門店 ネコまんま

猫図鑑HOMEへ戻る

ノルウェージャンフォレストキャット

ノルウェージャン

《原産国》 ノルウェー

《発祥年代》 1800年代

《毛の種類》 長毛

《毛の色》 数多くの毛色

《目の色》 グリーン又はゴールド

 

■性格

とてもおとなしく、人が好きが猫なので、とても飼いやすいようです。

 

■被毛

下毛と上毛が重なり合ったダブルコートで、雨水をはじくため、油っぽい感じがします。

毛色は単色、シルバー系、縞などさまざまな毛色が認められています。

 

■飼育環境

猫は自由になれる部屋があれば、暑いときには涼しい場所に、寒いときには

暖かい場所を見つけます。一番困るのは、冷暖房のスイッチを入れたり切ったりして

部屋の温度が変化することです。室温はなるべく一定にしましょう。

 

■選び方

とてもやさしい性格で、飼い主を信頼することから、人気がどんどん高まっています。

子猫を選ぶときは、明るい表情で、胸幅が広く健康的な猫、抱いたときに

嫌がらない性格なことも大切です。

                                イラスト提供:無添加キャットフード通販専門店 ネコまんま

猫図鑑HOMEへ戻る

バーマン

 

 

 

バーマン

 

 

《原産国》 フランス(ミャンマー)

《発祥年代》 1925年

《毛の種類》 長毛

《毛の色》 ポイントカラー(四肢の先は純白)

《目の色》 ブルー

 

■性格

優しくて甘えん坊、気高くてめったに泣き声を出さない猫です。

 

■被毛

毛は長く、絹のような滑らかさで、もつれにくい毛質です。

毛色はシール、ブルー、チョコレート、ライラックの4色のポイントカラーです。

 

■手入れ

もつれることの少ない長毛ですが、毎日のブラッシングは欠かせません。

月に1度はシャンプーをしましょう。

 

■選び方

日本ではまだすくない猫種ですが、人気も高く、愛好者は根強く繁殖をしています。

ボディが長く、しっかりした筋肉で健康な猫。前足の白タビの線がまっすぐな猫を選びましょう。

                                   イラスト提供:無添加キャットフード通販専門店 ネコまんま

 

猫図鑑HOMEへ戻る

バーミーズ

バーミーズ

《原産国》 アメリカ(東南アジア)

《発祥年代》 1930年代

《毛の種類》 短毛

《毛の色》 赤褐色、シャンパンカラー

《目の色》 ゴールド

 

■性格

ピエロのようだと言われていて、とても陽気で子供と仲良くでき、

病人や老人を慰める猫として知られています。

 

■被毛

被毛は光沢があり、体に張り付いています。

毛色はセーブル部門と、ダイリュート部門(シャンパン、プラチナ、ブルー)があります。

 

■飼育環境

遊ぶことが大好きで、とてもすばやい行動をします。

部屋の工夫は広さよりも高さについて、階段の利用や猫棚などを考えてください。

 

■選び方

日本では珍しい猫種ですが、優秀なバーミーズが輸入されていて、とてもレベルの高い

子猫が生まれています。ブリーダーに問い合わせるときは、ペットとして飼うのか、

繁殖するのか、飼育の目的をはっきりと伝えてください。

 

                                  イラスト提供:無添加キャットフード通販専門店 ネコまんま